2012年05月09日

    埼玉豆腐ラーメン!エースコックが協力!及び今日のラーメンニュース。

    商品名は「B級グルメ探訪 埼玉県編 さいたま豆腐ラーメン」。岩槻区の「レストラン大手門」(江原弘社長)が監修した。希望小売価格は百七十円(税抜き)。豆腐とひき肉、ほのかなラー油の香りが再現されている。八カ月かけて開発したエースコックマーケティング部の兼子幸士係長は「豆腐がラーメンに入っているという驚き、年配の方にも人気の優しい味わいが人を引きつける。スープのとろみをつけるのが難しかったが、うまく再現できた」と自信を見せた。
    東京新聞:豆腐ラーメン 全国区に さいたま市とエースコック協力 カップ麺を発売へ:埼玉(TOKYO Web)


     不思議と…豆腐もラーメンも知っているのに…味の想像がつかないです。

     どんな味がするのだろうか???

     気になる!!!


     差て。その他ラーメンニュース。
    「飲み干す一杯」シリーズは発売から9年、スナックタイプが主流であったタテ型カップめん市場に、「本格」という新しい価値軸を提供しシェアを拡大して来ました。今回発売する「牛だし白湯ラーメン」は、近年ラーメン店を中心に豚や鶏に続く素材として注目されている“牛”をベースにし、その独特のまろやかさや風味を特長としたスープに、牛コラーゲンを用いた特製の後入れ調味油で完成する、奥深い旨みとコクで最後まで飲み干したくなる一杯に仕上げました。
    エースコック タテ型 飲み干す一杯 牛だし白湯ラーメン 新発売 - 徳島新聞社
    ノンシンはそもそも、ロッテ創業者(重光武雄)の実の弟が起業した会社であり、当時の社名は“ロッテ工業株式会社”だった。そこから完全に独立し「農心」となったのだ。『辛ラーメン』は韓国では国民食とも呼ばれており、非常に高いシェアを持っている。
    『辛ラーメン』を発売するノンシンとはどういった会社なのか?  | コブスニュース ガジェット通信 | コブスオンライン/COBS ONLINE
    ーメン二郎とは、大盛りで有名なラーメン店である。井戸さんはラーメン二郎が大好きで、どんなに大盛りでもラーメン二郎なら全部食べられるという。しかし、ラーメン二郎を越えたレベルのこのラーメン、食べるのにかなりの時間を要したとのこと。
    ラーメン屋で軽い気持ちで大盛りを注文したら「とんでもないもの」が出てきたでござる | ロケットニュース24


     今日も楽しいラーメンがいっぱいでしたね。よしなに。
    スポンサーリンク
    posted by ラーメン切腹侍 at 16:33 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    1970年に賄いからできた埼玉県さいたま市(岩槻区と西浦和)のローカルB級グルメ豆腐ラーメン豆腐とひき肉の醤油あんかけが麺にかかったラーメンです。
    去年は寿がきやからさいたま豆腐ラーメンが西浦和トーフラーメン幸楊店主監修で全国発売されておりました。
    埼玉県さいたま市来た際は豆腐ラーメン宜しくお願いします。
    Posted by さいたま豆腐ラーメン勝手に応援隊 at 2012年06月04日 00:56
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: